薬と水のグラスを持っている女性

ヘルペスは人との接触、ヘルペスウイルスが付着したコップやタオル、便座を使うことで感染します。
ヘルペスは性器だけではなく、口唇にも症状を引き起こします。
感染力が強いため、しっかりと治療をすることが大切です。

性器への感染の場合はセックス、オーラルセックスが感染経路です。
ヘルペスウイルスに感染している性器に口や舌が接触した場合に感染します。
逆に口唇ヘルペスに感染している口でオーラルセックスを行った場合も感染します。
口唇への感染は親子間、夫婦間でのキスや感染している場所に触れた手で家族に触れることにより感染します。
肉体的な接触が無くても、ヘルペスウイルスの付いたコップやスプーン、タオル、便座を使うことで感染することもあります。
このように感染経路はセックス以外にもありますので、注意が必要です。

ヘルペスウイルスの有効な予防策は現時点では見つかっていません。
この病気が発症するのは疲れやストレス等で免疫が低下している時が一番危険です。
なので、免疫力を高める食材を使ったバランスのいい食事をとる、ストレスや疲労を溜め込まない、風邪を引かないような生活を心掛ける等があります。

ヘルペスは感染力も強いのですが、同時に再発も多い病気です。
体内から完全にウイルスを除去することは難しく、日々の生活に気を付けることが感染・再発をしない一番の予防策になります。

体に少しでも異変を感じた時は恥ずかしがらずに専門医に相談に行きましょう。
放置しても完治はしませんし、返って悪化してしまう危険性があります。
生命に関わる合併症を引き起こすケースもありますので、必ず病院に行き治療を受けてください。
家族、恋人が感染している場合も一緒に治療を受けてください。