ヘルペスって遺伝するの?

薬を飲んでいる男性

ヘルペスとはウイルスにより引き起こされる疾患で、単純疱疹と帯状疱疹に分類されます。
単純疱疹とは感染すると発疹や水ぶくれができ、かゆみがしばらく続きますが治療をすれば1~2週間で治ってしまいます。
しかしこれは感染力が強く、一度感染すると何度も再発してしまうのです。
一般的なものが口唇にできるものと性器にできるものです。
口唇ヘルペスは飛沫感染、接触感染が主で、性器ヘルペスは性交による感染がほとんどです。

また帯状疱疹は帯状に赤い発疹や水ぶくれができ、体に強い痛みが起こるのが特徴です。
この病気は水ぼうそうのウイルスが原因となります。
水ぼうそうは一度かかると再びかかる病気ではないのですが、加齢やストレス、疲れがたまってくると抵抗力が下がり、体の中に残っていたウイルスが今度は帯状疱疹という帯状の疱疹になってあらわれてくるのです。
体に痛みが出るのは、ウイルスが神経の節に息をひそめているからです。
抵抗力が下がることでウイルスが、場所が近い神経を攻撃するのです。

ヘルペスの治療法は単純疱疹も帯状疱疹も基本的には、抗ヘルペスウイルス剤の使用です。
患部に塗り薬を塗るまたは飲み薬を服用します。
痛みなどがひどいときは鎮痛剤などが使われることもあります。

ヘルペスは遺伝する病気なのかということですが、このウイルスは遺伝するものではないといわれています。
しかし、ヘルペスは飛沫感染や接触感染するものなので、親と子どものように同じ家の中にいる人たちに感染してしまうということはあります。
口唇ヘルペスなどは同じコップを使いまわしたり、タオルなどの共用で感染してしまう感染力の強いものなのです。
また免疫力が低いという面で親子の体質が似ることはあるでしょう。

人気記事一覧